今までと景色が違って見える

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ3」の頁98『今まで眠っていた遺伝子がオンになるときがある。

 

それは、日常とは違う衝撃的な出来事が起きたり、追い込まれたり、窮地に立った時などに現れる場合が多い。

 

病気になった時、死の淵をさまよった時、事業に失敗した時など、一見悪いと思われる出来事が起こった時こそ、意識次元がポーンと上がるチャンスなのである。

 

たとえば、病気になって周囲にの人の温かさや愛がわったとなったら、遺伝子がオンになって、あなたの中の深いところから愛と感謝があふれ出てくるという例は少なくない。

 

死の淵をさまようぐらいの体験をしたら、日常レベルでは気づかない気づき、すなわち遺伝子がオンになりやすい。

 

遺伝子オンとは、命を生きる、子孫を残す、というような、人間のもつ本来の働きのスイッチが入るということである。

 

そうなると、今までと見える景色が違ったり、自分に訪れている現象の意味が解釈できるようになるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171006175114j:plain

 

病気になった時、死の淵をさまよった時、事業に失敗した時など、一見悪いと思われる出来事が起こった時こそ、意識次元がポーンと上がるチャンスなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)から、一刻も早く抜け出したい思いになった時に、意識次元が高まる。

 

自分は自分で生きているとの思いが薄れ、自分は宇宙に生かされている存在なのだと思えてくる。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、いろいろな気づきが生じてくる。

 

より全体から物事を捉えることができ、楽に生きることができるようになってくるね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会