あらゆる問題の唯一の解決法とは?

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁110『今、地球のアセンションと個人のアセンションが、同時に起きようとしている。

 

宇宙の中のひとつの銀河系、その中の太陽系、その中の地球、その中の私たち。

 

宇宙ないものは何一つない。そして、それらは、全て宇宙意識としてひとつである。

 

今、地球では様々な問題が発生している。続く戦争、新しい病気、経済の落ち込み、貧富の差、うつ病の増加、異常気象など。

 

これらは、地球に住む我々が引き起こしてきたものである。

 

そして、今、アセンション、すなわち、意識次元の上昇が起ころうとしている。

 

現在、社会に発生する悪いと思われる事象は、意識次元の上昇の過程で起こる浄化である。

 

人の意識次元が上がってくると、低い意識は浮き彫りになり、表に現れてくるのである。

 

皮膚におできができたら、中の膿を全部出し切って治療していくということと同じことだ。古い意識を捨て、新しい意識に移行していくのである。

 

人間がこの先も地球に住むことができるかどうかは、人間の意識次元が上がるかどうかで決まってくるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171011200723j:plain

 

人間がこの先も地球に住むことができるかどうかは、人間の意識次元が上がるかどうかで決まってくるのだね。

 

葦原瑞穂(著)黎明 下巻の頁9に『人間は意識が未発達な段階では、自分の波動で見ている外部の存在物の印象が、自分の心の創作物あることには気付かず、恰もその存在物の属性であるかのように錯覚していますから、外の世界にあるように見える悪と戦おうとするわけですが、実際には知覚されるものの全てが、自分の心の中にあるものを投影しているだけだと言うことが理解できるようになると、自分自身の意識(参照波動)を変えることが、あらゆる問題の唯一の解決法であることに気付くので、外側の世界に見えている、自分の思い通りではないものを変えようとしたり、非難したりすることはなくなります。』とある。

 

自分自身の意識(参照波動)を変えることが、あらゆる問題の唯一の解決法なのだね。

 

偽我に意識が向いていると、目の前の景色がどんよりと暗く見えるが、真我に意識が向いていると、目の前の同じ景色であっても、明るく輝いて見えるようになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、自分自身の意識(参照波動)を高めていく。

 

参照波動が高まることは、エネルギーが高まることで、常に豊かな自分で在り続けることができ、物事の捉え方が素晴らしくなっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

【新版】黎明 下巻

YSブログ研究会