真理はノウハウでも手段でもない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁124『真理の受け止め方の四つ目は、真理という知識の中に自分の価値観を入れてしまうパターンである。

 

真理を言葉や知識として学んで、自分なりの真理という価値観を基調とした上で、他の良いと思われる知識や考え方を、都合よく混在していくのである。

 

真理は、知識の入力、いわゆるインプットではなく、自分の中からのアウトプツトであるから、真理を頭で学ぶことはできない。

 

真理は、ノウハウでも、何かの手段でもない。

 

にもかかわらず、真理を一つの考え方として捉え、他にもよさそうなものがあれば、それも取り入れていくのである。

 

一見、真理を語っているように見えて、実は、頭の世界だけの話なのである。

 

学びの世界と同様、知識の中にない出来事に遭遇した場合には、対応ができない。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171017203002j:plain

 

真理は、知識の入力、いわゆるインプットではなく、自分の中からのアウトプットであるから、真理を頭で学ぶことはできないのだね。

 

例えば、何を「批判」していたとすると、どうして「批判」しているのかを自問自答してみると、インプットされた何かに囚われていることに気づく。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その「批判」が無くならない。

 

自分や相手を裁き続けることで、エネルギーを消耗してしまうので、もともと豊かな自分に気づけないね。

 

そうならないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

「批判」が無くなることで、エネルギーの消耗が無くなり、エネルギーが満ちてくる。もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

その豊かな自分を認めることで、どんどん豊かな自分が顕れて、常に豊かな自分で在り続けるできる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会