総て天才として受け止める

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁60『人は、美しさの基準を自ら決めてしまうところがある。

 

例えば盆栽は、人が思う美しさにした人工的な美であって、本来の自然の美ではない。

 

しかし、山から木々を見た時、それを自然の美として受け止めることはできる。

 

自然には、天が与えた美があるのだ。

 

同様に、人にも天から与えられた才能がある。

 

だから、人はみな天才なのだ。

 

しかし、人は天才と凡才を作ってしまう。

 

それは、自分の思う美に当てはめようとするからである。

 

天が与えた自然の美を美しいと受け止める心になれば、どんな成長の仕方をしようとも、総て天才として受け止めることができるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170531193619j:plain

 

人は天才と凡才を作ってしまうが、それは、自分の思う美に当てはめようとするからなのだね。

 

天才とか凡才とかと判断するのは、その基準に囚われているからになる。

 

良かったとか悪かったと判断するのも、その基準に囚われているからになる。

 

それらの基準の囚われから自由になることで、生きるのが楽になる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、それらの基準をしっかりと掴んでいることになる。

 

逆にそれらの基準を手放すには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

やり続けることで、肉体と言う個体からの発想が薄れていき、より全体から物事を捉えられるようになっていく。

 

囚われが無くなり、良かったとか悪かったとかに振り回されないニュートラルでフラットな状態が、エネルギーの高まりを感じる。

 

そこから、豊かな自分に気づくことができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会