苦しみや悩みが必要なこともある

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁64『蓮は、泥沼の中に花を咲かせる。

 

泥沼の中に咲くからこそ、蓮の花はきれいに見えるのである。

 

人は、世俗の苦しみの中で生きている。

 

しかし、その中にこそ、本当に悟れるチャンスがあるのだ。

 

泥沼があったからこそ、蓮の花が大きくさくことができたと捉えると、泥沼さえも肯定することができるのだ。

 

泥沼も、蓮の花が咲くのに必要だったのである。

 

世俗の苦しみは、決して悪いことではないのだ。

 

苦しみや悩みがあったからこそ、悟りを得ることができたとすれば、その苦しみも必要なことだったと捉えることができるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170602222336j:plain

 

世俗の苦しみは、決して悪いことではないのだね。

 

自分の外側の現象に振り回され、自分の外側の5感で認識されたものを相手にしていて、苦しみや悩みが酷すぎて、どうにもならないとなった時に、真剣に自分の内側を見つめることができる。

 

苦しみや悩みは、中途半端ではなく、真剣に自分の内側を見つめる機会を与えてくれるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、自分の波動が高まっていく。それに伴って、肉体が変化していくのを感じることができる。

 

不調和による肉体の歪みが解消されていくことで、どんどんエネルギーの流れが速くなっていく。

 

豊かな自分に気づくことができ、物事の捉え方も表面的ではなく深くなっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会