人は夢に動かされ振り回される

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁110『仮相とは、夢の世界である。

 

実相とは、夢から目覚めた世界である。

 

実相とは、神の世界であり、神に目覚めていなければ、人は仮相の世界で寝ていると言えるのである。

 

人は怖い夢を見ると、寝汗をかいたり、うなされたり、金縛りにあったりする。

 

しかし、目が覚めると、何もなかったことに気づく。それでもまだ、汗をかき、心臓は脈打っているのだ。

 

まさに人は、夢に動かされ、振り回されているのである。

 

たとえ起きていても、持ち越し苦労や取り越し苦労をしている。

 

人は、起きていながら寝ているとも言えるのだ。

 

真我に目覚めたら、一瞬にして、実相の世界に生きることができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170625201656j:plain

 

人は、持ち越し苦労や取り越し苦労をするので、起きていながら寝ているとも言えるのだね。

 

持ち越し苦労や取り越し苦労をすることで、エネルギーがとても消耗するので、どんどん辛くなる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶に囚われて、今に生きることができずに、過去や未来に揺れ動いている。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、いつも不満足な自分(偽我)ではなく、エネルギーに満ちた豊かな自分(真我)に気づいていく。

 

常に豊かな自分(真我)で在り続けることで、軽やかに生きることができるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会