起きたことの原因を探る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁112『事務所で、警報機がジーン!と鳴り響いたとする。

 

その時、警報機がなっている原因も知らないで、ただ「うるさいから止めよう」と言って止めてしまったらどうだろうか。

 

もし本当に火事だったら、大変なことになってしまう。

 

なぜ、警報機がなったのか、その原因を知ることが大事なのだ。

 

あなたの体のどこかが痛んだ時、ただ痛いからといって痛みを止めてしまったら、原因はわからないままだ。

 

あなたの人生に起きることや、あなたの体に起きることは、どんな些細なことでも、あなたに何かを気づかせてくれるメッセージなのだ。

 

だから、起きたことの原因を探る習慣を持つのだ。天があなたに送ってくれたメッセージを聞くのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170626220913j:plain

 

人生に起きることや、体に起きることは、どんな些細なことでも、何かを気づかせてくれるメッセージなのだね。

 

5感で認識されたものが全てであり、自分は自分で生きているとの思いが強いと、そのようには捉えることは難しい。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、物事を捉える視点が低いままで留まってしまう。

 

さらには、自分にインプットされた固定化された基準によって、目の前の予測できないことに対して、判断し続けることになるので、なかなか上手く生きることができない。

 

悩みや苦しみの多い重苦しい人生となる。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、物事を捉える視点が高まり、より全体から判断できるようになることで、その精度が高まり、上手く生きることができるようになってくる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会