子どもが自然にイキイキできる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁118『愛には、執着の愛と放つ愛がある。執着の愛とは、自分のものにしないと気が済まないという思いである。

 

子どもも妻も、総て自分のものにしようという思いである。

 

総て自分から出発している。親が、このような発想で子どもと接すると、子どもの自立心を奪ってしまう。

 

未成年者のいろいろな問題は、執着の愛か、愛の不足が原因である。

 

これに対して、放つ愛は、子どもに「こうなって欲しい」という願望を持たない。

 

子どもが自然にイキイキできるように見守っていくのが、放つ愛だ。そして、子どもが自立できるように向けていくのだ。

 

総てのものは天からの預かりものであることを自覚できれば、愛を放つことができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170629195409j:plain

 

子どもに「こうなって欲しい」という願望を持たず、見守っていくことで、子どもが自然にイキイキできるようになるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、肉体という個体をベースにした発想から抜け出せない。

 

意識が低いままで留まって、視点が低いので物事を偏って捉えてしまい、上手くいかない。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

偽我の自分が抵抗して、いろいろ邪魔をするけど、やり続けることによって、波動が高まって、視点が高くなることにより、物事をより全体から捉えられるようになってくる。

 

その結果として、瞬間、瞬間の判断の精度が高まり、上手くいくようになっていくのだね。

 

重苦しい生き方から、軽やかな生き方に変わっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会