宇宙の法則が総てを動かしている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁124『宇宙の法則が総てを動かし、神の光は、営々と地上に注がれているのである。

 

人は、紛れもなくその中で生かされているのである。

 

それなのになぜ、人は病気をしたり、戦争を起こしたり、地球環境を破壊したりするのだろうか。

 

それは、人々の思いという歪んだレンズが、光を遮っているからである。

 

人の思いが、神の光を屈折させているのである。

 

その歪んだ光が、不調和な現象になって現れるのである。

 

歪んだレンズをはずせば、神の光はそのまま現象に現われ、大調和の世界を作り出すのである。

 

そして、みな健康になり、平和になり、破壊された環境も再生されるのだ。

 

思いを消すことによって、神がそのまま現象に現われるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170702181815j:plain

 

歪んだレンズをはずせば、神の光はそのまま現象に現われ、大調和の世界を作り出すのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心の中が想念や妄想で混乱し続ける。

 

その混乱が歪んだレンズであり、神の光を屈折させてしまう。

 

心を揺れ動かすほど、そのレンズを歪めることになる。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、透明なっていく。

 

心の中の想念や妄想を静まることで、心の中が澄み切って透明なっていく。

 

そのことで、豊かな自分に気づくことができ、軽やかに生きることができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会