この世の全ての元は一つの光源

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁80『神が人間を創造した、という言葉がある。

 

しかし、この言葉は「作ったものと作られたもの」という二元論であり、これが分離意識の始まりになり、全てが一つ、という神を表現した正確な言葉ではない。

 

では、どう表したらよいのか?

 

ちょうど、太陽の光は無色透明の中に全ての色を含んでいて、その光がプリズムを通すと、屈折によって赤や青や黄色、紫色と、あらゆる色に分光する。

 

これと同じように、神が、人間として現れたり、犬として、猿として、花として、木として、水として、空気として、地球として、月として・・・と、あらゆるものに顕れたものなのである。

 

この世の全てのものは、神によって作られたのではなく、「全てが神の顕れ」であって、元は一つの光源なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170804195404j:plain

 

神が人間を創造したとの表現は正確でなく、人間を含む全てが神の顕れなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、肉体という個体をベースとした個体意識になるので、分離意識が強まるのだね。

 

バランスを崩した生き方になるので、全体としてバランスを取るために、悩みや苦しみの多い人生となる。

 

自ら悩みや苦しみを味わいたいからとも言える。

 

そのようなものを味わいたくなければ、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、分離意識が薄れてきて、自分は自分で生きているのではなく、宇宙に生かされている存在なのだと思えてくる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会