問題や悩みで根本解決に至る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁100『私たちの目の前に現れる問題や悩みは、ちょうどナベのふたに付いた取っ手のようなものである。

 

ナベに取っ手があるから、フタを開け、中を見ることができるのである。

 

取っ手が無かったら、中に腐ったものがあっても、フタを開けられない。

 

問題の根本に気付きにくくなってしまうのである。

 

だから、問題という取っ手のお陰でフタを開けやすくしてくれ、根本解決に至るのである。

 

問題にならなかったら、そのまま放置されて、もっととんでもないことになりかねないのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170812151110j:plain

 

目の前に現れる問題や悩みは、ちょうどナベのフタに付いた取っ手のようなもので、取っ手が無かったら、フタを開けられないので、問題の根本に気づきにくくなってしまうのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分は自分で生きているという思いが強くなって、目の前に現れる問題や悩みに振り回されることになる。

 

それらの問題や悩みを、ナベのフタに付いた取っ手とは捉えることはできない。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、自分は自分で生きているのではなく、宇宙に生かされている存在なのだと思えてくる。

 

宇宙は大調和で、完全に原因と結果の法則が働いているので、問題や悩みが生じても、それによって、宇宙全体がバランスが保たれているのだね。

 

そのように思えてくると、目の前に現れる問題や悩みに振り回されることなく、原因と結果の法則の結果ではなく、原因にフォーカスすることになる。

 

目の前に現れる現象によって、自分の内側をより深く知ってくことが大切なのだと思えてくるね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ〈2〉

YSブログ研究会