心が波立つと歪んだ現実が顕れる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁116『真我は完全である。

 

なのに、どうして私たちには一見不調和と思われることが顕れるのだろうか?

 

それは、私たちには不完全な心があるから、心が波立つと、歪んだ現実が現象面に見えるのである。

 

これは、月が自分だとして、夜空に浮かんだ月を自分とみるのか、湖の湖面に映った月を自分とみるのかという視点の違いによって、捉え方が変わるのと同じである。

 

湖に映った月に、風が吹き込み、湖面の波立ちによって歪んで映っていようと、真実の月は一切歪まず、完璧な姿を現しているのである。

 

それはちょうど、心という湖の水が風によって波立って映っているだけであって、真我は常に完全であるのと同じである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170820171748j:plain

 

不完全な心があるから、心が波立つと、歪んだ現実が現象面に見えるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、肉体という個体をベースにした発想から抜け出すことができない。

 

自分は自分で生きているのだという思いが強く、常に偽我の自分を喜ばせることを優先させることにつながっている。

 

それは、宇宙からすると不調和な思いとなっているから、その不調和なものが現象として顕れて、悩みや苦しみの多い人生となるのだね。

 

そうならないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まって、心の中が澄み切ってくる。

 

目の前の現象に、勝手に反応する心によって、振り回されていた日々が、そうではなくなってくる。

 

心に振り回されるのはなく、心をコントロールできるようになってくる。

 

心を使わない、心を動かさないことで、自分の内側がエネルギーで満ちてくることに、気づくことができる。

 

自分の内側がエネルギーで満ちた豊かな自分で在り続けることで、物事の捉え方が素晴らしくなって、軽やかに生きることができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ〈2〉

YSブログ研究会