意識次元はどこまでも上昇する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁20『今の自分のままであると、未来はどうなるかということの予想は大体つく。

 

今までの思考から発する言葉や行動の結果は、今までの延長線上にしかない。

 

訓練して、思考をコントロールしたとしても、思考の枠を超えた結果は期待できない。

 

しかし、真我の覚醒は、それを超越するのである。

 

真我に目覚めたら、自分の頭では到底予想つかぬ結果が引き起こされる。

 

今まで、時間とともに前へ前と進んできたものが、ポーンと上にワープして、全く新しい地点からスタートするのである。

 

意識次元が上昇して、新しいその次元の世界が繰り広げられ、今までの世界が消えるのである。

 

自分を取り巻く人、物は何も変わっていないのに、違う世界を生きることができるのだ。

 

その意識次元は無限にあり、どこまでも上昇することができる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170827085519j:plain

 

真我に目覚めたら、自分の頭では到底予想もつかぬ結果が引き起こされるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、絶えず肉体という個体をベースに発想することになるので、真我に目覚めることはできない。

 

だから、その逆をやることになる。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、偽我の自分が薄れてきて、常に自分を俯瞰して見ることができるようになってくる。

 

例えば、嫌な思いが湧き上がってきたとしたら、嫌な思いを味わっている自分がいるなと、自分を俯瞰して見ることで、その嫌な思いは消えていく。

 

そのような繰り返しで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄み切ってくる。

 

自分の内側がエネルギーに満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができるね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会