矛盾のない調和の世界で生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁32『人の本質は真我であるから、真我から湧いてくる心、言葉、行動で行くと、矛盾のない調和の世界で生きることができる。

 

そのためには、常に自分の真我を引き出す訓練をし、何が起こってもハンドルを真我でコントロールできるようにすればよい。

 

せっかく真我に覚醒しても、自分で真我を認めなければ、それは現れてこないのである。

 

反対に変化を認めると、心はその方向に向いて更なる変化が現れ、確信が深くなっていく。

 

真我に目覚めて変わったのだから、昨日までの自分はすでに過去のことである。

 

自分を真我の存在だと認めたら、ずっと継続していくことが肝要なのだ。

 

そこに間を空けると、もとに戻ったかのような現象が現れるのである。

 

真我に覚醒したら、真我の方向に、思い切り、頭(ハンドル)を向けるのである。

 

間を空けない一つの方法は、「真我の実践」を心の中で常に唱えることである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170902191135j:plain

 

常に自分の真我を引き出す訓練をし、何が起こってもハンドルを真我でコントロールできるようにすればよいのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向ていると、目の前の現象に、勝手に揺れ動いてしまう心をコントロールできない。

 

そのため、目の前の現象に対して、とても偏った捉え方をしてしまい、一瞬、一瞬の判断が適切でなくなり、上手くいかない。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中が澄んできて、目の前の現象に反応しなくなり、フラットな状態で物事を捉えることができるようになる。

 

その結果として、一瞬、一瞬の判断が適切になり、上手くいくようになるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会