この世に生まれた使命を果たす

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁84『夫の先祖を、妻の先祖を、自分の先祖以上の気持ちで供養することは、とても重要なことである。

 

命という縦のつながりは、自分の先祖だけで成り立っているものではない。

 

自分い父と母がいて、伴侶にも父と母がいる。

 

そのあなたと伴侶の間に生まれた子供は、4人の祖父、祖母がいることになる。

 

自分の祖母は敬うが、伴侶の父母はどうでもよいとなると、自分の子供を否定することになるのである。

 

伴侶の先祖を心から扱うと、親、夫婦関係、こども、孫、あなたそのものとも言えるこの縦の環境が劇的に好転していく。

 

なぜなら、心の世界はつながっているからだ。

 

この世に生を受けたあなたは、過去の因縁を断ち切る重要な役割を担っているのである。

 

その事実を受け止め、この世に生まれた使命を果たすために、先祖は総動員であなたの背中を押している。

 

この宇宙の真理に気づくこと、これこそがもっとも強力な、たすきがけの先祖供養である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170928202429j:plain

 

心の世界はつながっていて、この世に生を受けたのは、過去の因縁を断ち切る重要な役割を担っているからなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、5感で認識したものを全てだとして、自分は自分で生きている思いが強くなっている。

 

とても物質に偏った不調和な生き方になり、悩みや苦しみの多い重苦しい人生となってしまう。

 

軽やかに生きるには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

さらには、変化するものには価値が無く、変化しないものにこそ価値があると思えてくる。

 

自然に、自分の外側の変化するものに囚われず、自分の内側の変化しないもの、本当の自分(真我)に意識を向け続けることができるようになっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会