常に真我に触れる環境

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁18に、『目の前に引き起こされている現象は、すべて、根本原因と環境原因からなっていている。

 

根本原因とは、その人の潜在意識にある記憶である。

 

一方、環境原因は、自分を取り巻く人やモノである。現象を変えるには、根本原因を主にしつつ、要因と思われる環境原因も、ともに変えていくことである。

 

自分が真我に目覚めても、今までと同じ環境では、もとに戻っていしまう可能性が高い。

 

自分とともに周囲も真我に目覚めたり、常に真我に触れる環境を作ったりすることで、現象はどんどん変化してく。

 

病気という現象が現れている時も、自分の真我の目覚めと同時に、自分がストレスと感じている環境から離れてみることも一つの手段である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170826191414j:plain

 

自分が真我に目覚めても、今までと同じ環境では、もとに戻っていしまう可能性が高いのだね。

 

そうならないためには、常に心を俯瞰して見つめる習慣を身につけると良いね。

 

自分がストレスを感じたら、「今、ストレスを感じている。」と自分で確認する。

 

そして、「このストレスはどこから来るのか?」と自分を探る。

 

「あっ、自分の中に何か囚われているものがあるのだ。」と気づく。

 

ストレスを感じる自分(偽我)は、本当の自分(真我)ではないので、常に偽我の自分を客観的に捉える思考回路を身につけると良いね。

 

あっ、またストレスを感じている自分(偽我)がいると言う感じだね。

 

その思考回路を身につけ、囚われているいるものに気づいていき、それを手放していく。

 

囚われているものを、どんどん手放していくことで、気分が軽くなっていくね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会