宇宙の中での幸せな存在

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁34に、『こちらが正しい、こうすべきだ、こうあらねばならないというのは、価値観である。

 

世の中の問題は、ほとんどが価値観の相違から生まれているといっても過言ではない。

 

一般的な宗教戦争も価値観の相違である。

 

しかし、真理は対立しないのである。

 

地球が自転しながら太陽の周りを回っていることは、地動説だ、天動説だという人の考えとは全く違う。

 

知っているか知らないかの違いはあっても、真理というのは論を持たないのである。

 

あなたは両親から生まれましたね、あなたは人間ですね、と言って、違いますとか、そう思いますという人はいない。

 

真理には対立がない。

 

宇宙の真理を知って生きれば、争いや矛盾や不調和はなくなるのである。

 

あなたが今、どんな状況になっても、どんな考えを持っていようとも、宇宙の真理の中で生かされている幸せな存在というのが真理である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170903122055j:plain

 

こちらが正しい、こうすべきだ、こうあらねばならないというのは、価値観なのだね。

 

価値観に基づいているのは、個体意識からの発想になる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いている。

 

相手や自分を価値観に基づき、ひたすら裁き続けることになるね。

 

これでは、エネルギーが消耗してしまい、心の奥底は満たされず、不足感が絶えず生じている。

 

自分が偽我の波動になっていると、その波動による世界しか捉えることができないのだね。

 

目の前の現象が同じであっても、自分が真我の波動になることで、素晴らしい世界を見ることができる。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

裁きの心は消えて、ありのままのものを受け入れことができるようになっていく。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会