真我で生きていく環境

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁56に、『人間の心を医療機器のMRIのようなもので見ることができたとしたらどうであろう。

 

そして、それに映った心にポリープが見つかったとしたらどうするのであろうか。

 

注射を打っても、手術をしても、かなわないのは明白である。

 

ところが、誰も、心の治し方の方法がわからないから、体と同じ方法で薬を投与して治そうとする。

 

心のポリープを取り除くには、その心になった原因をわかって、その原因に手をつけなければならないのである。

 

心の原因は、その人が過去に捉えた記憶と、今の環境である。

 

記憶が、恨みや憎しみや悲しみでいっぱいだったら、ポリープもできるし、それは薬では治らない。

 

また、環境がそれを増長させるものであったら、やはり善くならない。

 

これを解消するためには、心という根本原因を真我を引き出して変え、真我で生きていく環境を整えていくことである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170914201127j:plain

 

心の原因は、その人が過去に捉えた記憶と、今の環境でなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、個体意識からの発想で生きていることになる。

 

世の中は競争原理で動いているので、多くの人はこの発想だから、仕事の職場などでは、この発想からの粗い波動が渦巻いている。

 

自分も粗い波動であると、目の前の現象に振り回される続けることになり、とてもエネルギーを消耗してしまう。

 

そうならないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

これによって意識が高まり、粗い波動に反応しなくなる自分に気づくことができる。

 

目の前の現象に適切に対応することができ、周りと調和していくことができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会