自分の認識の枠を超える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁64に、『自分を何と認識するか。

 

人には、肉体としての人、霊体としての人、神体(しんたい)としての人がある。

 

肉体の人とは五感で捉える人である。

 

姿形、表情、声などで認識することができる。

 

もう少し深い捉え方をするのが霊体としての人である。

 

これは心、性格などとして捉えられるものである。

 

自分の本体を肉体として捉えると、自分はお金持ちだから優越感を感じるとか、自分は病気だから自身がないというような捉え方をする。

 

あるいは自分を霊体として捉えると、こんなに尽くしているのにわかってくれないとか、人見知りの自分はだめだと烙印を押してしまったりする。

 

人を肉体や霊体で捉えるということには、自分のセンサーが基準になるから、自分の認識の枠内でしか物事を見ることができない。

 

社会の価値観や教育されてきたことから外れていると、認めることができないという可能性がある。

 

では、どうしたらよいかというと、自分を神体として捉えるのである。

 

生まれながらにして宇宙のすべてと調和し、自分の周りのものと、もともとひとつであるという完全完璧であるという視点で見るのである。

 

頭で思えなくてもそれで押し通していけば、その方向に進んでいくのである。

 

なぜなら、それが真理であるからである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170918183944j:plain

 

社会の価値観や教育されてきたことから外れていると、認めることができないという可能性があるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その社会の価値観や教育されてきた、インプットされている基準に囚われてしまっているので、そこからの発想しかできなくなる。

 

絶えず良い悪いの判断をし続け、自分を裁き、相手を裁き、良いと思い込んでしまっているものを追い求め頑張ってしまう。

 

宇宙からすれば、これは、どんどん不調和になっていることであり、悩みや苦しみを生み出していることになる。

 

人は元々調和している存在なのだから、頑張ってしまうことで不調和になることに、気づくことができると良いね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、心の中の想念や妄想が静まり、心が澄んでくる。

 

さらには、心の中の混乱でエネルギーが消耗して、とても疲れていたことに気づくことができる。

 

エネルギーが満ちてきて、とても楽に生きることができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会