無尽蔵に愛を人々に放つ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁20に、『「自分、自分、自分・・・」と、自分のことばかりを考える人はエゴの人である。

 

人がどう見ているかが気になり、悲劇的になり、ストレスが溜まる。

 

自らに壁を作り、個体化していく。

 

それに対し、「あなた、あなた、あなた・・・」と、いつもまわりの人に向かって愛を放つ人は、真の愛の人である。

 

自らの内にある真我の光をそのまま全体に向かって放つ人は、これからの愛の人である。

 

そういう人たちは、無尽蔵に愛を人々に放つことができる。

 

そして、自らにストレスが溜まることもまく、矛盾も生まない。

 

全体に向かって光を放つ人が、本当の愛の人なのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170511193722j:plain

 

「自分、自分、自分・・・」と、自分のことばかりを考える人はエゴの人なのだね。

 

その自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、人がどう見ているかが気になり、悲劇的になり、ストレスが溜まるのだね。

 

自らに壁を作り、個体化していく、その個体意識からの発想で物事を捉えることになる。

 

どんどん不調和になっていくことになるね。

 

だから、偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、自らの内にある真我の光をそのまま全体に向かって放つ人になっていく。

 

そうすることで、自らにストレスが溜まることもまく、矛盾も生まないのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会