徹底的に本当の自分を知る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁36に、『チューリップの種は、最初からチューリップに咲くと決まっている。

 

人もまず因(たね)を知ることが大切なのである。

 

それは、本当の自分とは何かを知ることである。

 

人には、天から与えられた役割や才能がある。

 

全員が天才なのである。

 

しかし、チューリップも、土や太陽、水や肥料に恵まれないと、花を咲かせることはできない。

 

それと同じく、人も縁に恵まれないと、その才能は実を結ばないのだ。

 

どういう人と出会うかによって、芽が出るか否かは決まってしまうのだ。

 

縁に恵まれるためには、徹底的に本当の自分を知り、魂に磨きをかけることだ。

 

そして、自分の才能を活かしてくれそうな人に、どんなことをしてでも会うことだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170520064228j:plain

 

人は、本当の自分とは何かを知ることで が大切なのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である肉体と心に、意識が向いていると、本当の自分(真我)には気づくことなく、一生を終えてしまうかもしれない。

 

偽我の自分で生きることは、宇宙からするとどんどん不調和になっていくので、悩みや苦しみの多い人生になってしまう。

 

自分は自分で生きている思いが強く、頑張り続けても、本当の幸せを得ることはできない。

 

こんなに頑張っているのだから、何とかなるのではと言う思いは、宇宙の法則に沿っていないのだね。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、心の中の想念や妄想が静まって、澄み切ってくる。

 

さらには、エネルギーが満ちてきて、宇宙に生かされている存在なのだと思えてる。

 

そこからの発想で生きることで、物事の捉え方が変わり、人生が素晴らしくなっていく。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会