一つにみんなつながっている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁42に、『森の木の一本一本は、バラバラに立っているように見えるが、根を支えている土壌は同じである。

 

根を支え、根に栄養分を与えている土壌が痩せてしまうと、木は枯れてしまう。

 

一本だけでなく、同じ土壌が支えている木々はみな同時に枯れてしまうのだ。

 

木々は同じ土壌に支えられ、同じ土壌でつながっているからだ。

 

木と土の関係と同様、あなたのまわりの人に起きる問題は、その人だけの問題ではないのだ。

 

あなたとあなたのまわりの人たちとは、深いところでみんなつながっているのだ。

 

だから、まわりの人に起きる問題は、あなたの問題でもあるのだ。

 

身近な人に問題が起こったら、まず自分の問題でもあると受け止めることだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170522195148j:plain

 

身近な人に問題が起こったら、まず自分の問題でもあると受け止めることなのだね。

 

これは、頭にインプットした知識として捉えるのではない。

 

知識として捉えるのは、5感の認識がすべてと思い込んでしまって、何でも分けて発想してしまうからだね。

 

自分は自分で生きていると言う思いが強いのも、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である肉体と心に、意識が向いているからになる。

 

個体意識からの発想だからだね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

心の中から湧き上がって来る想念や妄想は、本当の自分(真我)からのものではないとすれば、その想念や妄想に反応せず、それらに振り回されることが無くなる。

 

そうすることで、心の中の想念や妄想が静まってくると、本当の自分(真我)に気づくことができるね。

 

そこからの発想で生きることで、物事の捉え方が変わり、人生が素晴らしくなる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

YSブログ研究会