真我を開く最大のコツ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁48に、『一度、真我を開いた人でも、毎日にさらに開き、継続的に良くなっていく人と、段々閉じてしまい元に戻ってしまう人がいる。

 

真我を開き続けるコツは、真我を実生活に活かし切ることである。

 

土で作ったダムに小さな穴を開けると、その穴から水が流れだし、どんどん穴は大きくなっていく。

 

さらに穴が大きなって、大量の水が流れるようになれば、やがては、ダム自体がなくなってしまう。

 

真我も同様で、日々使っていれば徐々に開き続け、やがては、全身が真我そのものになっていくのである。

 

物理の法則は使えば減るが、生命の法則は使えば増えるのである。

 

良い悪の判断をせず、どんどん実行していくことが真我を開く最大のコツだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170525190108j:plain

 

良い悪の判断をせず、どんどん実行していくことが真我を開く最大のコツなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である肉体と心に、意識が向いていると、自分(偽我)の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われてしまう。

 

その基準によって、良い悪いの判断をし続けることになる。

 

これが個体意識からの発想で、どんどん不調和なっていき、悩みや苦しみが生じて、病気になってしまうかもしれない。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向けることで、囚われてしまっていた基準が外れていく。

 

良い悪いの判断でなく、あらゆることを受け入れることができるようになっていく。

 

どんどん調和していくことで、エネルギーが高まり、人生が素晴らしくなっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会