自分自身の役割通りに生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁108に、『アメリカのある大学の調査によると、世の中で成功者と言える人は、わずか三パーセントしかいないということである。

 

自分の思った通りになることが成功だとすると、わずかしか成功者になれない。

 

しかし、真の成功者は、百パーセントの人が手に入れることができるのである。

 

それは、人と比較することでもなく、頭に描いたことを実現することでもない。

 

本当の自分自身を知り、自分自身の役割通りに生きれば、その瞬間から百パーセントの人が成功者になれるのだ。

 

自転車が自動車を見て、「あんなふうみ早く走れるようになりたい」と思っていたら、永遠に成功できない。

 

しかし、渋滞に関係なく、ガソリンが不要で、どこでも走れるといった自転車独自の役割に気づけば、自転車のままで成功できるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170625075647j:plain

 

自分の思った通りになることが成功だとすると、わずかしか成功者になれないのだね。

 

偽我の自分の願望を成就することが、成功だと思い込んで追い求め続け、成功できる人はわずかであるのだけれど、その成功者は本当の幸せになれない。

 

その成功者は、成功することによって、悩みや苦しみが生じるかもしれない。

 

そこまでしてから、本当の自分(真我)に対する気づきの機会となるのかもしれないね。

 

最初からズレて生きていたからになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に、意識を向けていると、永遠に本当の幸せが訪れないことになるのだね。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、本当の自分(真我)に気づいていく。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会