僕のヒーローに会いに行く

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁126に、『自分のことしか考えない人は「エゴが強い人」と非難され、人とぶつかる。

 

自分を犠牲にして「人のため」と言っている人は、実は本心ではないことが多い。

 

隣の国の戦争よりも、自分の顔にできたニキビの方が気になるものだ。

 

「人のため」というのは「偽り」になるのである。

 

自分のためにやるとエゴになり、人のためにやると偽りになる。灯台は遠くを照らすが、足元は真っ暗である。

 

だからと言って、足元を照らしたら、遠くの船を照らすことはできなくなる。

 

では、どうしたらいいのか。それは、灯台自体が光になることである。

 

灯台自体が光になれば、その光は、足元も遠くも照らすことができる。

 

自分自身が光そのものになれば、まず自分が喜びでいっぱいになり、自分の近くにいる人から順番に明かりを照らすことができ、一切の矛盾がなくなるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170703192401j:plain

 

灯台自体が光になれば、その光は、足元も遠くも照らすことができるのだね。

 

これであれば、全てにおいて矛盾がない。

 

世の中は全て波動だから、バイブレーションを高くする方向でいけば良いのだね。

 

例えば、会社経営であれば、会社のバイブレーションを高くすことなり、企業は人なりで、従業員のバイブレーションを高くすることになる。

 

これであれば、宇宙の法則に沿うことになり、具体的には、伊那食品工業の年輪経営とか、ケーズデンキのがんばらない経営は、とても参考になるね。

 

目に見えるものを追い求めていては、バイブレーションを高くすことはできない。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に、意識を向けていては、バイブレーションは低いままになる。

 

偽我の自分ではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、バイブレーションを高くすことができるのだ。 

 

 

ヒーロー = 本当の自分(真我)で、ヴォーカルの波動に・・・。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 

YSブログ研究会