5感の認識は相対的なもの

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁30に、『映画を観ている時、もし気に入らない場面があったら、舞台に上がっていってスクリーンに映った映像に手をつけようとしても変わらない。

 

でも、後ろを振り向いて、映写機の中にあるフィルムを替えたら、一発で変わるのである。

 

しかし、私たちは、日常の生活の中で、丁度、映画のスクリーンを一生懸命変えようとしている人がほとんどなのである。

 

私たちの目の前に起きる、あらゆる現象は、映写機の光がフィルムを通して映画館のスクリーンに映し出された映像のようなものである。

 

そしてフィルムにあたるのが、心である。

 

だから、目の前の気に入らない現象が起きているからといって、その現象そのものに手をつけるのではなく、まさに、原因である心に手をつけなくては、現象面は変わらないのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170712193641j:plain

 

原因である心に手をつけなくては、現象面は変わらないのだね。

 

人以外の動物や虫などは、人とは異なった見えた方だと知られている。

 

また、人は既にインプットされているものしか認識できなく、そうでないものが、いきなり目の前に現れたら混乱することになる。

 

だから、人の5感による認識は、絶対的なものでなく、相対的なものになる。

 

その相対的な5感の認識は、非常に心の影響を受けているのだね。

 

同じ家庭や職場の環境であっても、心の状態によって、その見え方は変わってくる。

 

嫌でたまらなく逃げ出したいと思っていた環境であっても、心の状態が良くなれば、素晴らしく有り難いと環境だと思えてくる。

 

そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に、意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

もともと真我なのだから、目の前のものが素晴らしく見えるのは当然だとして、そうでないのは偽我の自分が見ているからだと踏み込んで、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

素晴らしく見えてくるのは、当然なのだとやり続ける。

 

本当に素晴らしく見えてきたら、このことに対する確信が深まるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会