相手からも本音が返ってくる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁36に、『あなたが、自分の本音を隠して、仮面をかぶったまま世間に接すると、鏡の法則によって、世間や相手も仮面の答えを返してくれるようになる。

 

みんな表面的、上っ面だけの関係を築いているなと感じたら、それはあなたが本音に仮面と言うフタをして、そのフタが「鏡の法則」によって忠実に映し出されているのである。

 

あなたが本音に近づいて接していけば、自ずと相手からも本音が返ってくるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170715192909j:plain

 

本音に近づいて接していけば、自ずと相手からも本音が返ってくるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に意識を向けて、相手に接すると、自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)が働くことになる。

 

その結果として、偽我の自分を守ろうとする接し方になり、それが本音に仮面と言うフタをして接すると言うことになるのだね。

 

それでは価値あるコミュニケーションはできない。

 

そうならないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会