「無」から「有」を見る発想

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁42に、『結婚しても「相手が誰でも何故か理由も無く離婚したくなる、幸せになるほど自分で壊したくなる」という思いに駆られ、実際に離婚し、また再婚した相手とも離婚寸前の情勢がいた。

 

彼女は幼少の頃、浮気をしていた父親をとても恨み、母親の痛みの復讐を子供心に胸に頂いて育った。

 

しかし、頭では親には感謝しましょうと教わっているので、恨む気持ちを無理やり心の奥の潜在意識に押し込みしまったまま、表面的には忘れたようになっていたのだ。

 

しかし、潜在意識は、誰彼の区別がつかず、父親への恨みが、そのまま夫に出ていたのである。

 

まさに八つ当たりの長期版ともいえるのである。

 

こうした、過去の体験という原因が、別の対象に同じ現象のパターンを繰り返してしまう性質になっているのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170718203702j:plain

 

過去の体験という原因が、別の対象に同じ現象のパターンを繰り返してしまうことがあるのだね。

 

自分では分からないような過去の記憶に囚われ、それによって自分の枠を生み出し、その枠に閉じ込められてしまう。

 

お釈迦さまは、「現実はすべて錯覚なのだよ。」と言うことの説明に人生を費やしたそうだね。

 

「有」 : 目に見える世界(物質)

 

「無」 : 目に見えない世界(非物質=波動)

 

 量子力学において、ミクロな世界(素粒子)は、見ていないと「無」だが、見ること(観測すること)で「有」となることが分かっていた。

 

 

最近、このことが、ミクロな世界(素粒子)だけでなく、マクロな世界でも同様なのだと、お釈迦さまが説明していたことが、実証されている。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に、意識を向けていると、「有」から「有」を見る発想になっている。

 

この発想は、現代社会において、ごくごく普通なのだが、これでは、自分が生み出した枠(自分が思い込んでいる限界)を外すことができないのだね。

 

「無」から「有」を見る発想になることで、その枠を外すことができるのだね。

 

自分が思い込んでいた限界の枠は、もともと無く、その無いものに囚われていたことに、気づくことができるのだね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に、意識を向け続ける。

 

やり続けることで、「無」から「有」を見る発想になる瞬間が訪れるのだね。

 

しかし、「有」に意識が向いてしまうと、「有」から「有」を見る発想からは抜け出すことができない。

 

ただただ、偽我の自分ではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることが重要なのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会