物事は常に変化している

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁60に、『「流行」とは「流れて行く」と書くが、これは人の心が流れて行くのである。

 

昨日まではこういう洋服が流行っていた。でも一ヶ月もたったら、誰も着ていなかったとか、スカートが短い、長いとか、みんなの心が求めているものが、やがて忘れていって消えていく。

 

人の心をきちんと見ていかなければ、例えば、今これが流行っているからといってそこに投資したら、あとで大損害を被ったりということもあるのである。

 

人の心を見ることを川でいうなら、上流を見ることである。

 

今ここに流れていることばかりみていたら、あっという間に下流に流れて行ってしまう、ということである。

 

これを仏教で言うなら「無常」という。

 

常に物事はひとところに無く、一周の休みも無く常に変化しているということである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170725195057j:plain

 

人の心を見ることを川でいうなら、上流を見ることなのだね。

 

目の前の現象に反応し続けていると、その現象に振り回される人生となってしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)。

 

人生は、一瞬一瞬の選択の連続と言える。その選択をどのように決めているのか?

 

これが重要になる。

 

一瞬一瞬の選択が適切なものにであれば・・・

 

どうすれば良いのだろうか?

 

偽我の自分ではなく、真我の自分で、選択していくことだね。

 

しかし、その見極めが難しいが、悩むことなく、ぱっとやって結果を確認、ぱっとやって結果を確認・・・を繰り返していくプロセスで、その見極めができるようになっていく感じがする。

 

さらには、自分の内側からのエネルギーが高まるものを選択することなのだなと気づくことができるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会