究極の本音の心で踏み込む

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁108に、『迷ったら、まず、その対象に両足を踏み込み、実行することで答えがはっきり出る。

 

しかし、これも、自分がどういう心で踏み込むかによって、より正確な答えが出るかどうかに関わってくる。

 

表面的な心、損得勘定を主体として踏み込むのか、過去の体験や経験によって作られた自分の価値観を主体として踏み込むのか、それとも、究極の本音である「真我」の心で踏み込むのか・・・

 

その本音の度合いによって、より本音の、本当の自分に相応しい答えが、結果として示されてくるのである。

 

「迷ったら近づけ」とは、本当の自分「真我」の心で、目の前、足元に両足を踏み込む、ということなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170816211407j:plain

 

自分がどういう心で踏み込むかによって、より正確な答えが出るかどうかに関わってくのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、そこで踏み込むのは、成功哲学のようであり、エゴの強化につながる。

 

それによって、一時的には上手くいっていると思えても、全体としては不調和になっているので、後から反動が来ることになるね。

 

結果として、目の前の現象に振り回される、悩みや苦しみの多い人生となってしまう。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けて、そこで踏み込んでいくことだね。

 

自分の内側からのエネルギーが高まる発想で行動していくことで、もともと豊かな自分に気づいていく。

 

常に満たされた自分となることで、物事の捉え方が素晴らしく変わっていく。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会