小さなことを見つけて認めていく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁42に、『真我は頭で考えても理解できない世界である。

 

同じく、私たちの抱えている業やカルマ、一般的にいう心も目に見えないものである。

 

自分の心でありながら、そこに何が詰まっているのかがわからない。

 

真我に目覚めても、何がどう変化したのかわからないと戸惑う人もいる。

 

変化をどのように五感で捉えていくかというと、目の前に起こる現象面の変化を見るのである。

 

私たちに起きる現象はすべて心が原因であるから、心が変われば現象も変わる。

 

体の中にポリープがあったとしても、自分では気づかない。

 

栄養面が改善されたり、薬を飲むなどして、そのポリープが消えたとしても、やはり自分ではわからない。

 

しかし、以前より体調が良くなって日常生活が楽になったとしたら、そのことを認めることはできる。

 

心の世界も同じで、自分の心に何が入っているかをわからなくても、真我の目覚めで心が変わる。

 

心が変わると、起きる現象が変わるので、そこを見て認めるのである。

 

どんな小さなことでも、見つけて認めていくのである。

 

現実面に表れるまでに時間差がある場合もあるが、認めると変化はさらに大きくなっていく。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170907204351j:plain

 

私たちに起きる現象はすべて心が原因であるから、心が変われば現象も変わるのだね。

 

自分を認めることがでいないのは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていてるからになる。

 

偽我の自分を自分だとすると、偽我の自分の中の基本(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)で、その自分を裁いて責めてしまい、認めることができない。

 

常に心の中が想念や妄想でごちゃごちゃとして混乱しているのが、当たり前になってしまっている。

 

その混乱がエネルギーを消耗し、意識が下がり、ますます自分を認めることができなくなる。

 

ではどうしたら良いのだろうか?

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

そうすることで、本当の自分(真我)に気づいていくと、自分の内側のエネルギーが満ちてくる。

 

エネルギーが満ちてくると、もともと豊かな自分だったのだと分かり、自分を認めようとすることなく、既に豊かな自分を認めてしまっていることになる。

 

その豊かな自分からの発想ができることで、物事の捉え方が素晴らしく変わっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会