自分という個が全体である

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁68『使命というと、社会的な職業に結び付けて考えてしまいがちであるが、ここで言う使命とは、もっと根幹的な命の部分での使命である。

 

両親がいて、その上にまたそれぞれの両親がいて、その上にまた両親がいてとたどっていくと、人類創生にまで至って自分の命がここにあるということに、今更ながら気づく。

 

その命という観点から、自分が今ここに在るということを見ると、使命というのは、単なる職業や立場を超えたところにあるということを発見できる。

 

個人として、日本人として、男あるいは女として、人間として、地球人としてと、視野を広げてより深い考えをすると、あなたという命の使命は、あらゆる次元に存在することがわかる。

 

そして、自分という個が全体であるということにも気づくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170920184750j:plain

 

命という観点から、自分が今ここに在るということを見ると、使命というのは、単なる職業や立場を超えたところにあるのだね。

 

何のために生きているのかを理解するには、生命と言う本質に気づいていく。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に意識が向いていると、自分、自分、自分と言う個体意識からの発想となり、自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)によってしか、物事を捉えることができないので、生命の本質に気づくことができない。

 

自分の外側から取り入れたものでは、生命の本質に気づくことはできないのだね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、自分の内側にあるものに気づいていく。

 

自分は自分で生きているのではなく、自分を生かしていただいているエネルギーに気づくと、そのエネルギーが満ちてきて、自分は豊かなのだと思えてくる。

 

そこからの発想で生きることで、物事の捉え方が素晴らしく変わっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会