もっとも良き判断が瞬時にできる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁78『なかなか恋人ができない、結婚ができないという人には、心の門番がいることが多い。

 

心の門番というのは、相手が現れても、この人は違うと追い払ってしまう、心の作用のことである。

 

例をあげると、以前交際していたひとに騙されたり、裏切られたりしたことがあるとしたら、もう二度と同じ目には遭わないと、相手が現れてもバリアを張ってしまうということがある。

 

本当は、その人は以前の人とは違うはずなのに、心がそのように作用してしまうのである。

 

また、悪い経験ばかりが門番になるのではない。

 

以前交際していた恋人が、とても魅力的な人で、声や表情や立ち居振る舞いが素敵だったとしよう。

 

そうすると、次に現れた人を、無意識に、ここが違う、あそこがなっていないと、以前の恋人と比べてしまう場合がある。

 

このように、自分にとって良い出来事と思われることも、門番になってしまう可能性があるのである。

 

心の門番を取り払うには、真我で物事を見ていくことだ。

 

真我で見ると、過去の出来事に振り回されることなく、今、もっとも良き判断が、瞬時にできるようにんるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170925202026j:plain

 

なかなか恋人ができない、結婚ができないという人には、心の門番がいることが多いのだね。

 

心の門番は、過去の記憶の囚われで、自分でも分からないような記憶によって、物事を歪めて捉えてしまう。

 

自分の外側から植え付けられたもので、その思い込みによって、相手を見つけ結婚したとしても、後々上手くいかなかったりする。

 

過去の記憶に囚われず、その瞬間、瞬間に、もっとも良き判断ができるようになるには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)の囚われが薄れていく。

 

自分や相手を裁くことなく、ありのままの状態で、認めることができるようになっていく。

 

だから、相手が現れても、頭で全く考えることなく、自然な対応ができるようになっていくのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

YSブログ研究会