心の不調和が病気を引き起こす

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁86『病気になるのには、必ず原因がある。


たとえば、ガンという病気がある。


ガンになるには、ガンになる根本原因が明らかにあるのである。


それは何かというと、病気なるような心の在り方、記憶である。


人を恨んだり、憎んだり、あるいは自分を責める気持ちが強いと、その不調和が、ガンという体の不調和を引き起こしてしまうである。


聞きたくないことばかりを言われる環境にいたら、体がそれに反応して、難聴現象として現われたりするのである。


いわば、病気はスクリーンに映った結果である。


これには必ず、フィルムである原因がある。


これらを治そうとするとき、表面的にレーザーでガンを退治しただけでは、しばらくするとまた現れる可能性が高い。


結果だけを変えようとしても一時的なものであるから、その根本原因に手をつけなければ、同じことが繰り返されるのである。


病気の治療には、根本原因の改善を主にするのである。』とある。


f:id:tamago0141:20170930082735j:plain


人を恨んだり、憎んだり、あるいは自分を責める気持ちが強いと、その不調和が、ガンという体の不調和を引き起こしてしまうのだね。


心の中の想念や妄想による混乱が、エネルギーの乱れになり病気を引き起こす。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その心の中の混乱が、どんどん酷くなり、病気になりやすくなってしまう。


偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分に意識を向け続けることで、心の中の想念や妄想による混乱を静めていく。


やり続けることで、心の中が澄んでくると、体の中のエネルギーの感じられるようになり、エネルギーの乱れと体の不具合が結び付いていることに気づくことができる。


さらに、エネルギーをコントロールできると、積極的にエネルギーの乱れを解消して、体の不具合を治すことができる。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。



 

YSブログ研究会