人生は心と言葉と行動で決まる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁90『世の中には、これからの出来事を予言する人がいるが、予言では人を救えない。

 

あなたは将来病気になりますと言われたら、健康な人まで、その言葉の通りになってしまう可能性がある。

 

心というのは、その方向にいく性質を持っているので、自分がそれを捉えてしまうと、現実化してしまうのである。

 

特に自分で決めたことでなく、人に言われた言葉で人生が左右されてしまったとしたら、人に人生を委ねているとということになる。

 

真の救世主は、予言ではなく予変をする。

 

その人の中に、こうなるであろうという因子があったとしても、それを変えてしまうのである。

 

人生は、心と言葉と行動で決まる。もとになる心を変えれば、結果が変わるのである。

 

常に幸せの心でいられるようにすると、訪れる出来事は幸せの出来事だけということになる。真の救世主というのは、真我に導くことができる人である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171001195635j:plain

 

心というのは、その方向にいく性質を持っているので、自分がそれを捉えてしまうと、現実化してしまうのだね。

 

頭で考えて理解することは、物事を固定化して捉えることになり、どんどん現実とのギャップを生み出すことになる。

 

何故なら、この世は無常なので、物事を固定化して捉えた直後には、その物事は変わっていってしまっている。

 

それなのに、ある時点で頭で考えて理解したことに囚われると、現実とのギャップの中で判断することにつながり、なかなか上手くいかないのだね。

 

その囚われを無くしていくには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

本当の自分(真我)からの発想であれば、こうなんだ、ああなんだと言う重苦しい生き方でなく、その時の最適な判断で生きることができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

 

 

YSブログ研究会