心の状態が現象として体に現れる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁100『医療の世界では、疾患のある部位によって、専門の医師や科が分かれている。

 

しかし、体はつながっており、目も耳も肺も胃腸も、更には心も、体として一つ、命として一つなのである。

 

それを分離して、その部位だけで考えようとするのは、人間の考えにほかならない。

 

頭痛がするからと言って鎮痛剤を飲んでも、問題は別のところにあるかもしれないのだ。

 

肩こりかも知れないし、内蔵のどこかに疾患があるかもしれない。

 

つながっているという自然の摂理からではなく、物としての分離から見ていては時間がかかるし、的外れのことをやってしまう可能性があるのだ。

 

目に見えない心についても、人間は投薬で治療をするということをやってしまう。

 

心の状態が現象として体に現れるという、原因と結果の法則から施していけば、打つ手は的確になり、病気は治療するのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171006203137j:plain

 

心の状態が現象として体に現れるという、原因と結果の法則から施していけば、打つ手は的確になり、病気は治療するのだね。

 

心の状態が悪いと体はバランスを崩し、心の状態が良いと体のバランスが良くなっていく。

 

心の状態が良い状態は、心の中の想念や妄想による混乱が無くなり、心が澄み切って、心の中が何も無く空っぽのようになっていくことだね。

 

心の状態が良いと、体の中のエネルギーの流れを感じことができて、エネルギーの流れの滞りも分かるようになる。

 

その滞り箇所のエネルギーの流れを何とかしようとするのは、体に意識を向けていることになる。

 

そうではなくて、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、その滞り箇所のエネルギーの流れが良くなっていく。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、その結果として、体の中のエネルギーの流れが良くなっていく。

 

自分の感覚に基づき、どこに意識を向けるかを比較したけど、本当の自分(真我)に意識を向け続けることが、一番良かった。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会