すべては認めたものが現れる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁116『物事の捉え方は、その人の捉え方である。

 

この人は良い人、この人は悪い人と捉えているのは、その個人の捉え方に過ぎない。

 

善い悪いは、その人の心が反映するものであるから、固定的な実態はないのだ。

 

認めたものが現れるという、心の仕組みがあるだけなのである。

 

この人は良い人と認めると、その人は良い人になる。

 

この人は悪い人と捉えたら、その人は悪い人になるのである。

 

良い人と認めたら、その人の良い部分をどんどん発見することになる。

 

その発見が、更に、その人は良い人だと言う確信につながる。

 

このように、すべては、自分が認めたものが現れる世界なのだ。

 

心は非常に便利なものなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171015065425j:plain

 

善い悪いは、その人の心が反映するものであるから、固定的な実態はなく、認めたものが現れるという、心の仕組みがあるだけなのだね。

 

頭では分かっていても、同じような失敗を繰り返してしまうのは、目の前の現象に対して、心が失敗した時と同じように勝手に反応してしまい制御できないからだね。

 

自分でも分からないような過去の記憶の囚われが、その反応を引き起こす。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その過去の記憶の囚われを外すことができず、益々その囚われが強固なものになる。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、心の中の想念や妄想による混乱を静めていく。

 

心の中が澄んでくると、目の前のある現象に、以前は勝手に反応していたのに、反応しなくなっていくことに気づくことができる。

 

どんどんその反応が無くなっていくと、瞬間、瞬間での判断が的確になっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会