真理はノウハウや手段ではない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁124『真理の受け止め方の四つ目は、真理という知識の中に自分の価値観を入れてしまうパターンである。

 

真理を言葉や知識として学んで、自分なりの真理という価値観を基調とした上で、他の良いと思われる知識や考え方を、都合良く混在していくのである。

 

真理は、知識の入力、いわゆるインプットではなく、自身の中からのアウトプットであるから、真理を頭で学ぶことはできない。

 

真理は、ノウハウでも、何かの手段でもない。

 

にもかかわらず、真理を一つの考え方として捉え、他にもよさそうなものがあれば、それも取り入れていくのである。

 

一見、真理を語っているように見えて、実は、頭の世界だけの話なのである。

 

学びの世界と同様に、知識の中にない出来事に遭遇した場合には、対応できない。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171017203002j:plain

 

真理は、知識の入力、いわゆるインプットではなく、自身の中からのアウトプットであるから、真理を頭で学ぶことはできないのだね。

 

頭で理解することは、無限のものを固定化して有限なものとして捉えることになるので、真理とはかけ離れたものを理解することになる。

 

これで分かったつもりになると、この理解のままで、なかなか抜け出すことができなくなってしまう。

 

頭で考えるのではなく、生命の本質を感じていく。

 

自分の内側から湧き上がってくるエネルギーが高まる発想をしてくことで、生命の本質に気づいていく。

 

そこからの発想で物事の捉え方が素晴らしく変わっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

 

YSブログ研究会