人の業は光に変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁14『人の精神構造は、「観念」「業」「真我」も三層から成り立っている。

 

一番表面の「観念」とは、どこから入れた情報や知識から成り立っている。

 

その奥の「業(カルマ)」は、「遺伝子の記憶」と言い換えてもいい。

 

先祖代々受け継がれた遺伝子の記憶と、前世の記憶を土台として、親による育てられ方や過去の経験など総てが、記憶として細胞に染み付いている。

 

その記憶が、ある条件が揃った時に、一瞬にして蘇るのである。

 

それが、人から出てくる「心」である。

 

この心を変えない限り、人の人生は変わらない。

 

そして、さらにその奥にあるのが、「真我(神の心)」である。

 

「真我」は、宇宙意識であり、愛であり、光そのものでもある。

 

この「真我」が奥から湧き出てきた時、初めて、人の業は光に変わるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170508201600j:plain

 

先祖代々受け継がれた遺伝子の記憶と、前世の記憶を土台として、親による育てられ方や過去の経験など総てが、記憶として細胞に染み付いて、その記憶が、ある条件が揃った時に、一瞬にして蘇るのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その過去の記憶によって、目の前の現象に勝手に反応してしまう自分を制御できず、振り回され続ける生き方になってしまう。

 

心の中の想念や妄想が混乱し続けて、とても疲れる状態に慣れきったものとなり、本能的に満たされていない自分を認めていることになる。

 

その不足感を満たすために、自分の外側のもので満たそうとして、それらを追い求め続けることになるが、仮に得られたとしても、束の間の喜びでしかないのだね。

 

慢性的な不足感は、自分の外側のものでは解消できないからになる。

 

その慢性的な不足感を解消するためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることにになる。

 

真我の自分に気づいていくことで、自分の内側からのエネルギーが満たされて、慢性的な不足感が解消される。

 

もともと豊かな自分に気づくことで、無条件で常に満たされた自分でい続けることができる。

 

常に豊かな自分からであれば、物事の捉え方が素晴らしく変わっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会