生きながらにして天国に渡る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁54『「彼岸」というのは、天国であり、ユートピアである。

 

何ものにもとらわれない、自由自在の世界である。

 

「世俗」とは、欲の世界である。

 

迷い・苦しみ・束縛・執着・不自由・成功哲学の世界である。

 

誰もが「彼岸」に行くことを望んでいる。幸せになりたいというのは、「彼岸」に行きたいということの現われなのである。

 

人は、死ななくても、生きているうちに「彼岸」に渡ることができるのだ。

 

総てを手放す心になった時、人は「彼岸」の川を渡ることができるのだ。

 

全部を手放した時、生きながらにして天国に渡ることができるのだ。

 

それが、究極の悟りであり、解脱であり、魂の目覚めなのだ。

 

人は、生きていながら、自由自在になることができるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170528091804j:plain

 

全部を手放した時、生きながらにして天国に渡ることができるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、個体意識からの発想となってしまう。

 

偽我の自分を何とかしようとする欲からでは、いろいろな囚われているものを手放すことは難しい。

 

今、この瞬間、満たされているのであれば、「まあ、いいか」と拘りが外れていく。

 

そのためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄んできて、エネルギーが満ちてくることで、もともと豊かな自分に気づいていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会