業の多い人ほど救いやすい

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁62『世の中には、早く悟れる人となかなか悟れない人がいる。

 

早く悟れる人は、真剣に求めている人か、大きな悩みや苦しみを抱える人である。

 

悟りに時間がかかる人は、人生を真剣に考えていない人か、観念でもう知っていると思い込んでいる人である。

 

かつて親鸞上人が「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」と言った。

 

善人が救われるのに、悪人が救われないわけない、悪人の方が救いやすい、という意味である。

 

悪人とは、業やカルマの多い人のことを指している。

 

問題を多く抱えている人ほど、真剣に求めるから、悟りを得やすいのである。

 

薄曇りの間は雨は降らないが、雨雲になって雨が降り、雨が上がれば天気が晴れる。

 

業の多い人ほど、悟りには近いのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170601210239j:plain

 

悟りに時間がかかる人は、人生を真剣に考えていない人か、観念でもう知っていると思い込んでいる人なのだね。

 

〇〇〇〇の法則とか、幸せになるノウハウをしっかり学んで実践すれば、幸せになれと思い込んでいたら、それはいつまでも幸せになれない。

 

いろいろな人の成功体験談を聴いて、それを真似すれば上手くいくと考え、そうしている限りは成功できない。

 

この世の世界は常に変化していて、それを人は5感を通して限定した捉え方をしている。

 

この世の世界の一部を捉えて、それを全体だと思い込んでしまって発想するので、ノウハウとかが有効に機能するものだと考えてしまう。

 

常に変化しているものに対して、ノウハウという固定化したもので対応することは、不調和になっていく。

 

そのノウハウに拘るほど、どんどん不調和になっていく。

 

頭で理解したものは物事を固定化したものだから、頭で判断することは、常に変化しているものに対して、固定化した判断基準で対応することになるから、不調和になってしまうだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)からの発想から抜け出すためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

 

 

 

YSブログ研究会