先祖は魂の応援をしている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁62『よく、「子はかすがい」という言葉を使うが、実は先祖がかすがいである。

 

私たちは誰一人例がなく、両親から生まれ先祖がいる。

 

表面的にどう見えようが、両親も先祖も、子孫の繁栄を願わない者はいない。

 

目に見えなくても先祖は魂の応援をしているのである。

 

そして、その子孫の伴侶の繁栄も同時に願っているのだ。

 

自分の子孫の幸せは望むが、伴侶の幸せはどうでもよいということはないのである。

 

なぜなら、命が男と女の双方がいてつながっているという真理は、誰も否定できないからである。

 

自分の先祖は、自分の夫を、妻を、応援してくれているのだ。

 

同時に、夫の、妻の先祖は、自分を応援しているのだ。夫は妻の、妻は夫の先祖の絶大なる魂の後押しを受けているのである。

 

男と女は、実は、先祖がかすがいなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170917183954j:plain

 

表面的にどう見えようが、両親も先祖も、子孫の繁栄を願わない者はいないので、目に見えなくても先祖は魂の応援をしているのだね。

 

自分は自分で生きているのではなく、目には見えないもので生かされている。

 

「ブレサリアン」からも分かるように、人間は空気中の生命エネルギーで生かされている存在なのだね。

 

その生命エネルギーを感じることができ、それを高めていくことが、宇宙の法則に沿った生き方になる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(意識)向いていると、物質、物質、物資というように目に見えるものだけを追い求めて、目に見えないものを感じることができない。

 

心の中の想念や妄想の混乱によって、常に生命エネルギーを消耗しているので、それが不足感となって、自分の外側のもので補おうとする。

 

自分の外側のものでは、直ぐに飽きてしまうのは、生命エネルギーを消耗しているからなのだね。

 

その消耗を無くすためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄みきってくると、どんどん生命エネルギーを感じることができるようになってくる。

 

自然に生命エネルギーを消耗するようなことはしなくなり、生命エネルギーが高まる生き方となっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会