万人に通用する本当の愛

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁22『人は、善と悪、正しい・間違いという概念を持っている。

 

しかし、天から見たら善も悪も似たようなものなのだ。

 

「私は善だ」「私は正しい」と思うところから、人々の争いは始まる。

 

総ての戦争も、自分たちが正しいと思うところから始まっている。

 

「私が正しい」と思っている人は救いずらい。

 

「私が間違っているかもしれない」と思える人は、早く気づくことができる。

 

お互いがそう思えれば、争いごとには起こらない。

 

また、時代や環境によっても、善悪の基準は違う。

 

真我は、善悪、正しい・間違いを超えた世界である。

 

真我は全ての人に通用する。

 

真我こそが、万人に通用する本当の愛なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170204083930j:plain

 

「私は善だ」「私は正しい」と思うところから、人々の争いは始まるのだね。

 

善と悪に縛られるのは、その基準に囚われているからになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、さまざまな基準で自分を縛っていくことになり、悩みや苦しみが多くなり、生きずらくなる。

 

時代や環境によって、善悪の基準が違ってくるのは、想念の集合体の場が変化するからだろう。

 

その場をキャッチすることで、世の中の一般常識となり、その場が変化することで、世の中の一般常識も変化していく。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、自分を縛っていた基準を外していく。

 

そうすうことで、重苦しかった感じから、軽やかになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会