徹底的に本当の自分を知っていく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁36『チューリップの種は、最初からチューリップに咲くと決まっている。

 

人もまず因(たね)を知ることが大切なのである。

 

それは、本当の自分とは何かを知ることである。

 

人には、天から与えられた役割や才能がある。

 

全員が天才なのである。

 

しかし、チューリップも、土や太陽、水や肥料に恵まれないと、花を咲かせることはできない。

 

それと同じく、人も縁に恵まれないと、その才能は実を結ばないのだ。

 

どういう人と出会うかによって、芽が出るか否かは決まってしまうのだ。

 

縁に恵まれるためには、徹底的に本当の自分を知り、魂に磨きをかけることだ。

 

そして、自分の才能を活かしてくれそうな人に、どんなことをしてでも会うことだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170520064228j:plain

 

縁に恵まれるためには、徹底的に本当の自分を知り、魂に磨きをかけることなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、気分が悪くなりやすく、そこから悩みや苦しみにつながっていくことも経験している。

 

気分が変動が大きく、辛い生き方になる。

 

そうならないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

心の中の想念や妄想が静まって、心の中が澄み切ってくると、エネルギーが満ちてくる。自分の内側がエネルギーで満ちてくると、本当の豊かさに気づくことができる。

 

そこを認めることで、常に豊かな自分で在り続けることができると、いろいろな気づきも多くなってくる。

 

人生の目的とは、こうしないととか、ああしないとかを達成することではなく、今、この瞬間、生きている、そのことそのものが目的なのだと思えてくる。

 

ラムサ(著)松野健一(訳)ラムサ ホワイトブック 改訂版の頁340『自分であるものすべてを愛することが、なぜ重要なのだろうか?

 

自分のすべてを愛すれば、あなたはすぐに社会意識を超越するからだ。

 

そのときあなたは、まわりから受け入れられるかどうかというレベルを超越する。

 

あなたは価値判断を超越し、時間という幻を超越するのだ。

 

そのとき、あなたは自己を満たすためだけに生きる。

 

あなたは自分の内なる声だけに耳を傾けるのだ。

 

あなたは喜びの道だけをたどる。

 

そして、その道にこそ、在るものすべてを知っている状態があるのだ。』とある。

 

ここでの自分は、偽我の自分ではなく、本当の自分(真我)だね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

ラムサ ホワイトブック 改訂版

YSブログ研究会