洗脳とは全く正反対なこと

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁46『心の世界を学ぶ人の中には、心コントロールされてしまう人がいる。

 

マインドコントロールとは、一人の教祖的な人物から教えをもらい、その教えで頭の中をいっぱいにしまうことである。

 

そして、その考えしか頭に浮かばなくなってしまう状態である。

 

その結果、プログラム通りに動くロボットのようになってしまうのである。

 

これに対して真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心である。

 

あらゆる動物がもともと持っていう中の本能である。

 

親は子どもを可愛がるのは、宇宙の本能なのである。

 

真我の心を出していくことと、マインドコントロールされることとは、全く正反対なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170524192342j:plain

 

真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心であるのだね。

 

常識があると言うことは、社会の常識によってマインドコントロールされているとも言える。

 

もともとある愛の心を出していくには、その常識を超えていかなくてはいけない。

 

自分や相手を全く裁くことが無くなれば、自分の中の基準が外れたことになり、もともとある愛の心を出していくことができる。

 

そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、自我が薄れていき、自分の中の基準に基づく裁きが無くなっていく。

 

もともとある愛の心を出して生きることで、人生は素晴らしくなっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 

YSブログ研究会