厳しい時代こそ本物の時代になる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁80『これからは本物の時代である。

 

地震に見舞われた時、壊れる家と残る家がある。

 

その時に初めて、建築業者が手抜きをしないで建築したかどうかがわかる。

 

今、ビジネスだけでなく、医療や教育など、あらゆる分野に地殻変動が起きている。

 

こういう厳しい時代には、本物しか残っていけない。

 

まさに今、本物とニセモノが区別される時期なのだ。

 

本物とは、自らが成長し、人に喜んでもらうことによって、適切な対価を受け取る人や会社のことである。

 

バブルの崩壊は、自らが成長することも、人に喜んでもらうこともせず、ただお金がけを追いかけ、株や土地への投機に走った結果なのである。

 

現在のような、先行きの見えない厳しい時代こそ、本物の時代なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170610055432j:plain

 

本物とは、自らが成長し、人に喜んでもらうことによって、適切な対価を受け取る人や会社のことなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、意識が低いままで留まって、自らが成長はできない。

 

心の中が想念や妄想で混乱していて、エネルギーの消耗による不足感によって、自分の外側への刺激を求めることになる。

 

そのため、今、この瞬間、満たされない自分で在り続けることになる。

 

悩みや苦しみの多い人生となってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄み切ってくると、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、豊かな自分に気づくことができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 

 

 

 

YSブログ研究会