何のために生きているのかを知る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁82『目的を見失っている人が大変増えている。


何のためにがんばって仕事をしているのか、何のために生きているのか、それがわからなくなっている人が増えているのだ。


そして、やる気は起きないし、夢や希望も持てないでいるのだ。


しかし、そういう状況は、決して悪いことではないのだ。


幼児も小学生になると、幼稚園の頃遊んでいたオモチャでは楽しくなくなる。


そのオモチャに飽きた時、一瞬、楽しみがなくなり、元気がなくなることがある。


人が目的を見失って、虚しくなるというのは、ちょうどそんな状況に似ている。


今まで価値があると思っていたものに、価値を見出せなくなるのだ。


そんな時は、もっと楽しいオモチャを見つければいいのだ。


次元上昇をして、より価値のあるものを求めるのである。』とある。


f:id:tamago0141:20170611205850j:plain


人が目的を見失って、虚しくなるというのは、今まで価値があると思っていたものに、価値を見出せなくなるのだね。


意識が低いままだと、そのようにはならない。


意識が高くなることで、目的を見失ったり、虚しくなったりするのだね。


そのような時には、自分の外側への欲望を追求するのではなく、自分の内側を見つめる。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。


目に見える偽我に意識を向けると、エネルギーが低いままだが、目に見えない真我に意識を向けると、エネルギーが高まる。


どんどんエネルギーが高まると、重かった気分がどんどん軽くなっていき、色々な気づきが増えていく。


今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

 

神のメッセージ



 

YSブログ研究会