真我あってこその左脳・右脳である

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁102『左脳は、主に論理や数値、記憶を司る脳であり、右脳は、主に感覚、情緒、直感などを司る脳である。

 

現代人は、知識詰め込み型の教育を受けてきたため、左脳ばかりを働かせ過ぎる傾向がある。

 

それに比べて、右脳を働かせることが少ない。

 

社会問題は、左脳か右脳が一人歩きをした結果起こるものである。

 

左脳が一人歩きして社会問題を起こす事例は、教育者や医者、官僚などに多い。

 

右脳が一人歩きして社会問題を起こす事例は、宗教家などに多い。

 

左脳も右脳も、真我を基盤に働かせなければ、誤りを犯してしてまうことになる。

 

真我からの指令を受けた上で、左脳や右脳を働かせなければならないのだ。

 

真我あってこその、左脳・右脳であることを忘れてはならないのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170621193803j:plain

 

真我からの指令を受けた上で、左脳や右脳を働かせなければならないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分は自分で生きているとの思いが強くなっていて、真我からの指令を受けることはできない。

 

誰もが真我のエネルギーで生かされているのだけれど、偽我の自分に意識が向いていると、そのことに気づくことができないのだね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、真我のエネルギーで生かされていることに気づいていく。

 

心の中の想念や妄想が静まり、澄み切ってくると、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

その豊かな自分で在り続けることで、今、この瞬間、喜びに溢れていることになる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会