意識の壁を打ち破っていく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁24『私たちが、何かの状況を乗り切るときに、ブレークスルー思考といって、自らの発想の壁、限界を打ち破るといった発想がある。

 

このように、観念上の良い話などを聴いて、自分の今まで持っていた考え方や発想が壊れ、更にもっと広がっていく方法は、「横のブレークスルー」と言っている。

 

これに対して、真我を開発するとは、「縦のブレークスルー」である。

 

知識ではなく、意識の壁を打ち破っていき、意識の一番深いところ、魂の部分まで深く掘り下げていくこと、究極の意識、「真我」を体感することである。

 

そして真我の心が溢れ出せば、外から知識を入れることによって考え方を変えなくても、結果的に発想も考え方も広がってくるのである。

 

深く入れば結果的に広くなるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170130210849j:plain

 

真我の心が溢れ出せば、外から知識を入れることによって考え方を変えなくても、結果的に発想も考え方も広がってくるのだね。

 

貧しい自分であるか、豊かな自分であるかで、発想は変わってくる。

 

貧しい自分であると、貧しさを解消するために、自分の外側への欲望が生じて、「こうしなければ」「ああしなければ」と心の中が混乱して、エネルギーを消耗している。

 

豊かな自分であれば、今、この瞬間、満足しているので、自分の外側への欲望は生じない。

 

そのため物事を偏らず、適切に捉えることができ、その結果として、上手く生きることができる。

 

豊かな自分で在り続けるには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、豊かな自分に気づくことができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会