記憶というフィルムを奇麗にする

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁32『現象面が映画のスクリーンで、フィルムが心だとしたら、ではその心とはいったい何なのだろうか。

 

このフィルムにあたる心とは、過去の撮影現場によってフィルムに刻み込まれたもの、つまり私たちの過去の体験経験によって心に刻み込まれた記憶のことである。

 

これを、業とかカルマという。では、そのフィルムにあてている光は何か?それが「真我」である。

 

私たちは、常に真我の光が光っているが、それが過去に刻み込まれた記憶というフィルムにあてられ、その影が現象面に映し出されているのである。

 

そして現象面に現れることによって、そこから正しく真我(神)からのメッセージを読み取ることによって消えてなくなっていくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170713201915j:plain

 

現象面に現れることによって、そこから正しく真我(神)からのメッセージを読み取ることによって消えてなくなっていくのだね。自分や相手を「こうしなければ」「ああしなければ」と責めていたとすれば、囚われていたものに気づくことができる。

 

本来はバランス良く生きることができるのに、何かをやり過ぎてしまうのは、その何かに執着しているからになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その囚われているものに気づくことが難しい。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、その囚われているものに気づいていく。

 

執着しているものが外れていくことで、重苦しい日々が、軽やかに生きることができるようになってくる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YSブログ研究会